トップ 英語2 ギフト 日本語2 ご案内 日本語1 ブログ 日本語2

木工房どんどこどん 【球転(たまてん)】 球を渡して今度は貰って、赤ちゃんと仲良くなるきっかけ作りに!

球転 全体 GTマーク

木工房どんどこどんのおもちゃは、木の伐採から商品として完成するまでの全工程を一人の職人が手作りしています。
球転(たまてん)は、比較的最近のおもちゃですが、発売当時は職人が寝る間を惜しんで作業しないと納品が追いつかないほどの人気があったとか・・・。2016年にグッド・トイ認定を受けたことで、様々な分野からより注目されるおもちゃとなりました。


【おすすめポイント】
 ・親御さん自身が目の前で『赤ちゃんの成長を実感できる』
 ・球が手では取れない仕組みが自然と生みだす『親子コミュニケーション』


球転は、遊びを通じて自然と手を使うことに重点が置かれたおもちゃです。

おすわりしだしたばかりの赤ちゃんに渡すと、中の球を手で必死になって取り出そうとすると思いますが、
球転は上から手で取り出す方法では絶対に取れない構造になっています。
そこで親御さんが 『貸して?』 と球転を受け取って、目の前で球を取り出して赤ちゃんに渡してみてください。
きっと喜んで受け取ってくれるでしょう、もしかしたらにっこり笑ってくれるかもしれません (^ー^)

次に親御さんから本体を差し出すと、赤ちゃんは自分から球を戻してくれるかもしれません。
戻してくれない時はまた 『貸して?』 と球を受け取って、目の前で本体に戻してみてください。

これを繰り返すうち、いつのまにか赤ちゃんは自分で球を取って→戻してを繰り返して遊ぶようになります (^▽^)b


さらに発展系の遊び方をひとつご紹介。

ハイハイしだした頃の赤ちゃん向けに、本体ごと転がすという遊び方もあります。

本体に球を入れて横向きにして転がすと、球がカランコロンと音を響かせながらコロコロ転がっていきます。
この転がり具合もまた絶妙で、強い力で転がさない限りそう遠くまで転がることはありません。
赤ちゃんが自分で転がして、ハイハイで追いかけることができる程度のところまで転がっていきます。

球転を追いかけて一生懸命ハイハイする姿は本当に可愛いですよ (^▽^)
おすすめは『ハイハイしている赤ちゃんの後ろ姿』です♪


◆ 実際に音を聞いてみよう! ◆
  コントローラーで再生・停止をすることができます。
  「Internet Explorer」、「Google Chrome」、「Safari」で動作確認しています。
    (動作確認は最新バージョンで行っております。)

  
    ※ 音が再生されますので音量にご注意ください。
    ※ 天然素材を使っているため、形が同じでも音に個体差が出ることがあります。



★ 2016年 グッド・トイ認定 ★

木工房どんどこどん 【球転(たまてん)】 球を渡して今度は貰って、赤ちゃんと仲良くなるきっかけ作りに!

価格:

4,233円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

 
商品詳細
内 容 球転本体×1、球×1
対象年齢 0歳6ヶ月〜 (しっかりお座りができるころ)
サイズ(mm) 【本体】100×100×80
【球】 45 (直径)
重 量 【本体】 70g
【球】 35g
材 質 【本体】 ヒノキ
【球】 ブナ
塗 装 亜麻仁油塗布後、ミツロウワックスによるツヤ出し
製 造 木工房どんどこどん (茨城)
デザイナー 宮 昌洋

ページトップへ